講演会を終えて






「人生楽しく生きよう」と・・・大谷由里子さん(元、吉本興業のマネージャー)の講演
なにしろ後で考えても分からない・・・無我夢中・・・・で時間が過ぎドット疲れが残った。

講演者の先生に挨拶に行かれての印象を聞いた時から始まった。

とても早口でお話しされる。
会場の雰囲気でお話ししますとの事。
関西弁(私には馴染みがない)。

さあ〜困った(ーー;)私はOHPまだまだ一年生!どうしょうドキドキ胸の高まり^^;
始まる前から自分の中ではもう舞い上がってしまっているのだからどうしょうもない。
おまけに今日はダンナが休みで一緒に来て講演を聴いている。

4人でチームを組むのだけど私は最後に回る。
その間に落ち着き雰囲気もつかめればと・・・ところが落ち着くどころではありません。
いやぁこれは大変!勢いが違う・迫力がある・テンポが速い・不安が・・焦る。
私、大丈夫かな?本当に書けるのかな?(-_-;)
順番が近くなると胸の高まりも大きくなりドッキ・ドッキと音が聞こえるようだ。
周りにいる仲間に聞こえているのでは?ないかと思うくらいの高鳴り・・・

いざその場に座ると、もうどうにでもなれ書けるだけ書いて、
書けなければ仕方ないと・・・開き直る。
それからは無我夢中(15分交代)で講演時間の1時間30分が過ぎる。
講演者の先生は時間いっぱいずっと話し続けられるが疲れは??

終わってからの感想は4人とも「疲れたぁ〜」のひとことに大変さが実感!!

帰り車の中での会話
「上手く出来るかと心配で落ち着かなかったし気になって内容もよく分からず疲れた
会場のみなさんは一生懸命にメモを取って見えたよ」・・・と
私の事が気になって話もよく聴けなかったらしい・・・すみませんでしたねm(__)m

失敗したり・恥をかいたりしながら上達すると言われるけど
私は・・・う〜〜〜んもう歳?ダメかなぁ?ガンバレー!

県の養成講座が今年はあるので私より(6?歳)若い方
どんどん講座を受けて下さい。教科書は実費です。

手話のページトップ