はじめに






手話とは「ろう者の使っている言葉」
ろう者にとってかけがえのない、人間的・言語的コミュニケーションの手段。

※全日本ろうあ連盟出版「私たちの手話」より抜粋


--------------------------------------------------------------------------------


 皇后美智子さまも訪問先で,手話でお話される場面を
皆さんもテレビで見かけられたことが、おありかと思います。
 テレビ画面を見て、とてもやさしく、暖かい気持ちになりますよね。


 この歳で手話通訳士は無理でも、私に出来る何かがあると思っています。
ろうあの方達とのふれあいそしてお話が出来たらいいなぁ
 との願望で手話を始めました。


 勉強始めてまだ日は浅いのですが、多少のふれ合いもあり
戸惑いながら学ばせてもらっています。
 私は覚えることより忘れることが得意で困ります。
テキパキと覚えの早い若い方達が、うらやましいです。


 ジェスチャーとおぼつかない手話そして筆談とで
時間は掛かるけど、少し話が出来るようになり嬉しいです。
 手の位置や動き、顔の表情などで表現することは難しい
手話で十分なコミュニケーションが出来るようになるには
 かなりの努力が必要だと思います。


 言葉に標準語と方言がある様に、手話にも関東と関西、若い人とお年寄り、
そして地方により違いがあります。だから難しくて大変!
 これからどうなることか??雲をつかむ様な手応えの無いことだけど
勉強したい。。。。。頑張りたい気持ちです。


 私の場合は楽しく勉強したいので
時間は掛かってもマイペースで続けるつもりです。

 
手話トップへ

 トップページへ