要約筆記
  




平成18年度要約筆記奉仕員研修会

昨年は、殆んどお休み状態で勉強会にも参加していません。だから
この研修会の通知をもらってもギリギリまで返事が出来ませんでした。
とっても良いお話を聞くことが出来たこと、嬉しく思いました。
迷っていましたが、今回の参加は本当に良かったです。

内容の伝わる要約筆記であることがいちばんに求められる。
話し言葉の特徴を活用・・・話し言葉と書き言葉の両方の特徴を備えたもの。
話を聞きつかむ・・・要点を聞きつかむ訓練、話は丸暗記しない聞き方。
短く書き表す・・・置き換える訓練、文末の書き方。

話し手、読み手、要約筆記者の3者がひとつになることが理想。
講演は追いかけて書くのではなく内容をつかんで書く。

私の場合、どちらかと言うと追いかけて書いているように思う。
これではとても書くことは出来ない。基礎がしっかりと学べてないから
話の聞き方、置き換える、同時性・・・とにかく技術面での勉強が必要!

自分の要約筆記は、まだまだと痛感し自信もなく落ち込んでいます。
と同時に勉強への意欲もちょっぴりわいてきたようにも思うけど・・・?
若い人たちのようには参りませんが、歳なりに頑張りたいです。



要約筆記 3へ

要約筆記 1へ

手話トップへ戻る

トップページへ