パソコン



 きっかけは、遠くになった子供・孫・友達とメールが出来たらいいなぁ〜と
思って60の手習いを始めるが横文字言葉が理解できないので大変。
 この歳で・・・興味はあるけど難しい・特に私は文明機器に弱い。
ワープロも経験ないのでキィボードも一本指でたどたどしく打つ。


 教える先生も私のような生徒が相手だから、苦労が分かる。
だから、何人もの講習だとついていく事が出来ない。
 パソコンの機種が違うといろいろあってもうだめー。
困ったことに触れることへの恐怖がある・・・壊れたら・・
 そう簡単に壊れる事はないので、どんどん触って覚えた方が良いと
云われるが・・・やはり考えてしまい触れない。


 とにかくパソコンの用語が分からない。
ダブルクリックがうまくできない。マウスポインターが合わない。
 マウスを動かす、まずこれらから練習。


 ブツブツとひとり言を云いながら「あれっ?」「いやだぁ」
「違うよぉ」「ちょっと待ってよ」「どうしてそうなるの」
 「消えちゃったよ」「どこへ行ったの」「お願い出て来てぇ」
とにかく騒々しさは半端じゃないから大変。
 これまでに見たことのない画面が出ても困る。


 警告(とても恐いイメージがある)が出るともうダメ。
助けてぇーとSOSを出す。パソコンが固まるのではなく
 わ・た・し・が固まってしまう。
パソコンは強制終了が出来るけど、私には通用しない。
 扱い方がよく分かってないので、お手上げなのだ。


 富士登山のホームページで知り合った方に
登山記を載せて貰ったことで、思いがけない喜びと感動を
 味わいパソコンの楽しさを強くした。
今、足を踏み込んだばかり、これからが勉強。
 私には大変なこと、時間も人の何倍も掛かるが
マイペースで頑張ります。



 今度は、ホームページ作りに挑戦してます。
pipopaさんの影響かな?そうなんですよ「作ってみたら」の一言が・・・
 できるかな?やってみようか・不安・戸惑いなど、いろいろありました。
個人指導も受けて、皆さんに助けられながら作成に一生懸命です。
 「保存したはず」「場所はどこ?」「あれっ!画像がないよ」
「どこ?」「確かに保存したよね」例のごとく賑やか・賑やか。
 凝ったことは出来ないけど頑張っています。


 教えてもらっているお局さまは
ぽちゃぽちゃとしたとっても可愛い女性です。
 私、痴呆が来ている訳でもないと思うけど、覚えは悪くて忘れが激しい
こんな年寄りに根気よくお付き合いしてもらい、ありがたくとても幸せです。



 趣味トップ