旅・山トップへ


春休み 名古屋へ  H19年3月28日〜4月1日

最初の予定では能登半島を観光したいとダンナの希望で24日に予約をしました。
ところが25日、お昼のニュースで地震の映像を見てびっくり!です。
どうしようかと思案するが今回は車で行くので北陸は止める事になりました。
ホテルにも被害があったようで「今回はキャンセルをしてまた是非来て下さい」と・・・。
また是非機会を作り能登の観光を計画する事にしましょう。

今までに行ったことのない久美の浜温泉に一泊することにしました。
予約を入れましたがこれまでに一番高い料金でどんな所か楽しみです。

朝6時に出発〜9号線〜鳥取〜丹後半島・久美の浜温泉15時30分到着・・・380k
途中豊岡市の北部、円山川沿いの山麓にある玄武洞に立ち寄る。
学生時代、休みで帰省する東京からの列車内でいつも案内していました。
一度も途中下車して見たことがなかったので寄り道し観光しました。

玄武洞は昭和8年に天然記念物に指定されました。
伊賀谷高原の大噴火により地中から噴出した溶岩が水中で
急激に冷却し柱状に固まったものだと云われています。
玄武岩の石柱を連ねた大洞窟、天井は亀甲状で美しく、
第一洞から第五洞まである。
                  ・・・パンフレットより抜粋・・・



山陰本線、余部の鉄橋も老朽のために架け替えられる事になり
壊される事で大勢の観光客でした。カメラを据えて列車を待っている人も・・・


久美の浜温泉、旅館小天橋一泊15,000円です。
これまでは10,000円〜12,000円で泊まっています。
夕食は刺身の船盛、蟹の刺身、焼き蟹、茹で蟹、蟹鍋、等等蟹三昧。
最後は雑炊・・・贅沢をしました。食事での料金ですね。
雑炊用のご飯(硬くて黄色っぽい?)なのかホカホカの白いご飯ではありません。
私はお腹いっぱい、それでも最後に一口ご飯が食べたくて・・・残念でした。
今まで泊まった数多い宿の中でも一番狭い部屋でした。

玄関 ロビー 久美浜湾を望む部屋
食べる事に夢中になり
無口になりますね。
写真撮るのも忘れて・・
食べ過ぎました。
朝食



次のページへ