旅・山トップへ


しまなみ海道  H21年10月17日〜18日


18日の行事に合わせて休みを調節し一泊二日の旅に出かけました。
ダンナはしまなみ海道を走ってみたいとの希望で金毘羅参りに行きました。
私も道後温泉に行っただけで初めてです。
高速が1,000円というものの橋は別料金でした。
どの橋もデザインはそれぞれで工法も違うそうです。こんな橋を作れるなんてすごい!。

写真は撮って帰りましたが上手に撮れていませんでした。

亀老山展望公園から来島三連橋を・・・


橋の構造と工法は全て違うとのこと・・・


瀬戸田PA(下り線)で休憩。橋をバックに女性がひとり日傘を差して素敵だけどぉ・・・
知り合いじゃないし、撮る必要もないし・・・カメラを構えて待つけど、あきらめました。
遠くでダンナは撮りたくても撮る事が出来ない私を見て笑っていました。

大島で亀老山展望公園から来島海峡大橋(三連橋)を眼下に最高の眺めでした。
亀老山展望台は大島の南にあり標高約300m.。建築家隈研吾氏のデザイン。
景色だけではなく展望台が十分楽しめます。展望台以外は地中に埋没した形。
底の部分は広場になっていて多勢が座れる大階段があり、音楽会や演劇が上演できる。
コンクリートで出来た入り組んだ階段、不思議な空間を楽しめます。

来島海峡SAで休憩。上り下り一緒だから駐車場も広く大きなSAでした。

今晩の泊まりはこんぴら温泉湯元八千代です。
荷物を置いて金毘羅参りに出かけました。
長い石段(御本宮まで785段、奥社までは1,368段)を一歩一歩、
参道の左右にずらりと並ぶみやげ物店を横目に見ながら・・・
大物主神と祟徳天皇を祀る御本宮(海の神様)をお参りし、清水の舞台から讃岐平野を一望。
殆んどの人はここまでで下りられるそうです。ここから奥社まで1時間くらい?

奥社へは樹林の中を歩き、階段もまだまだ続きます。ここからはお参りの人も少なくなります。
じゃあ行って見ようと歩き始めるけど、時間が遅く樹林の中は薄暗くなり半分くらいで断念。
4時でしたからもう1時間早ければ奥社へのお参りが出来たと思います。
下りる頃には参道のみやげ物店もぼつぼつ店じまい。日の暮れも早いから・・・

階段が急できつく足が痛くならなければ良いけど・・・


讃岐平野を一望
金刀比羅宮(海の守護神)
ここまで785段の石段
ここから樹林の中を奥社へ
石段(583段)は続きます。


さぁこれから階段を登り始めます


まだまだですよ。半分くらい?
クスノキですって・・・


18日(日)今日のセミナーは2時間弱、時間つぶしに出かけるようなことを言っていたけど、
「億劫だったから車で休んでいた」と・・・ありがとう!。行事が終り肩の荷が下りました。

夕方5時過ぎに帰宅。市長・市議の選挙に行って一日の終り。


終わり