トップへ戻る

概要

 本校の校区は益田市の中央市街地の東地区に位置し、中世にこの地を治めていた益田氏の城下町です。中世の面影を残す町並みには数多くの史跡が残り、古さと新しさの調和のもとに、落ち着いた雰囲気がただよっています。さらに、校舎のすぐそばを益田川が流れ、住吉神社周辺の森林などと合わせて自然にも恵まれた環境です。

(写真は本校全景)

水害当時の教室
 本校は明治5年の創設(児童数9名、山路忠恭氏宅)という長い伝統を誇っています。以来、様々な合併、改称を繰り返し、昭和22年に「益田町立益田小学校」となりました。昭和58年に島根県西部地方を襲った集中豪雨により、本校も大きな被害を受けました。
(写真は水害当時の教室の様子)
 

 

 
 

本 校 の 概 要
◇沿革の概要
明治 5年 創設(児童数9名 山路忠恭氏宅)
   7年 石見国107番小学校区益田小学校と命名
      (児童数29名)
  15年 大谷小学校を分校とする(明治20年まで)
  17年 益田本郷小学校と改称(上本郷小学校を合併)
      石見国美濃郡第1学区益田小学校と改称
      多田小学校を分校とする
  22年 堀に2階建新築校舎建築
      1階を尋常小学校、2階を高等小学校とする
  25年 高等小学校を併せて益田尋常小学校と改称
  45年 校内に女子技芸学校を併設
      (県立益田高等学校の前身。昭和4年まで)
      実業補習学校を併設
大正15年 青年訓練所(後の青年学校)を併設
昭和 6年 校歌(木島俊太郎氏)、校章(中尾彰氏)制定
  16年 石見町立益田尋常小学校と改称
  16年 石見町立益田国民学校と改称
  18年 大洪水のため5教室流出する
  21年 講堂以外の校舎全焼(10/31)
  22年 益田町立益田小学校と改称
  40年 体育館竣工
  41年 プール建設
  43年 校門設置 庭園造成
  51年 校舎(鉄筋)改築第1期工事完成(14教室)
  55年 校舎(鉄筋)改築第2期工事完成(3教室)
  58年 くにびき国体炬火合火式場記念躍進像建立(3月)
      集中豪雨非常災害で激甚被災(7/23)
  59年 校舎(鉄筋)増築第3期工事竣工(5/31)
      二宮尊徳罹災像移築
      益田市防災記念碑建立(7/23)
  60年 プール移築(7/20)
  61年 文部省指定教育課程(国語科)研究発表大会(11/21)
  62年 飼育舎及び観察池竣工(9/26)
      健伸の像除幕(10/1)
  63年 中庭アプローチ植栽(11/30)
平成 元年 特殊学級開設(2学級 4/1)
      中庭アプローチ両面時計設置(2/3)
   2年 中庭ふれあい広場(砂場、トンネル、藤棚)設置
   3年 音楽室床工事(じゅうたん張り)
   4年 校庭遊具(ウェーブ)設置。玄関前舗装工事完了
   5年 一輪車倉庫設置
   6年 砂場設置
   7年 島根県社会科教育研究大会(11/22)
      益田市史蹟案内図設置
  10年 パソコン教室設置
      リサイクルガーデン設置
  11年 児童用玄関正面掲示場所設置
  12年 屋体側面壁修理
  15年 島根県音楽教育研究大会(11/12)
  17年 屋体床全面改修工事
      島根県教育研究大会益田大会(10/28)
      確かな学力育成のための実践研究指定校
      (3年間指定)
  21年 屋体耐震補強工事
  24年 島根県造形教育研究大会(10/19)
 
 

● 校訓   「創造」 「剛健」 「誠実」

● 学校教育目標
   「心豊かに かかわりながら たくましく学ぶ児童の育成」

●  学校像・児童像・職員像

【めざす学校像】         【めざす児童像】
 ・学び合う学校    ・・・学習規律を身につけ、共に学び合う児童   
 ・明るい学校     ・・・気持ちのよいあいさつや返事をかわす児童   
 ・活気のある学校  ・・・より良いものを目指して進んで行動する児童  
 ・安全な学校     ・・・自分で危険を避け、命を大切にする児童

【めざす職員像】
 ・児童を愛し、児童と共に歩む職員
 ・地域の文化に親しみ、地域の発展を願う職員
 ・お互いに助け合い、切磋琢磨する職員
 ・法の遵守に意を注ぎ、ともに子どものことを語り合う職員

● 経営の重点

@ 基礎・基本の定着を図り,豊かな人間性,確かな学力,たくましく生きるための健康や体力を育てる取組をする。
A 児童が意欲的に学ぶところに,たくましく豊かな成長があることを自覚し,自ら学び取る学習態度の確立を図る。また,児童一人一人はかけがえのない存在であることを自覚し,生命を尊重し,人権・同和教育をすべての教育活動の基底におく。 
B 人は,他者やまわりの集団から「関心をもたれている」「認められている」「大切にされている」「理解されている」と感じることで,意欲や元気が出て,自分の力で望ましい方向へと変わっていく存在である。集団づくりや職員自らの姿勢の在り方の重点とする。
C 児童の成長を何よりの喜びと感じることのできる職員としての姿勢が,児童の健やかな成長を図る基盤になることを全職員が共通理解し,一層の研鑽に励む。また,職員集団の関係を高め教育活動がよりよく展開されるように努める。
D 児童の「自分たちの力で学校を創りあげていく」という意識を育て,集団生活や集団行動を自分たちの力で築いていく能力や態度を高める。また,基本的な生活習慣の確立を図り,規範意識を深め,「礼儀」や「モラル」の維持・向上を図る。

● 努力目標
@ [組織体としての機能]
  学校における教育活動は,個々の職員の教育的な資質・能力に負うところが大きい。お互いに教育的見識を高めると同時に,各種の組織が有効に機能するための系統性と連携を大切にしたい。職員一人一人が自分の立場の位置するところを確認しながら,報告・連絡・相談を常に重視する。
 A [教育的支援体制の確立と推進]
 特色ある学校づくりを支援する30人学級編制,少人数指導,児童生徒支援加配,にこにこサポートティーチャー,学校教育支援員,学校図書館司書,理科支援員,スクールカウンセラー,子どもと親の支援員,スクールソーシャルワーカー等を有効に活用し,児童の学びを保障し,教育的支援体制を充実したものにする。各関係者等の連携を図りながら,児童の育ちを支援する強い思いで教育実践を推進する。また,児童や家庭支援について,各関係機関等との連携も図る。
B [人間関係・信頼関係づくりの醸成]
 現在,総じて児童個々の社会性が未成熟であり,児童間の人間関係や集団形成に課題が多いことに鑑み,よりよい人間関係づくり,集団づくりに取り組むとともに,その方策を研究工夫する。特に,特別支援学級との交流・共同学習については重点を置く。そのためにも,生徒指導や学級活動・児童会活動の充実を図り,児童が安心して自分の思いや考えを出すことができる集団づくりを推進する。また,職員は児童との日常的なふれあいを大切にし,お互いの信頼関係を育てる。
C [研究体制の確立]
 確かな学力育成のため,研究推進過程を大切にした実践研究を行う。児童の学力の達成目標,そのための具体的取組を明示し,日々の学習の中で児童の学びがどう成立しているか検証し,指導方法の工夫改善,評価の在り方等について研究を深める。
D [家庭・地域との連携]
 家庭との信頼関係をつくり,家庭と連携して児童を育てる。つらい思いや特別な立場の児童・家庭を親身に支援する。学校支援地域本部事業を活用し,子育てパートナーの支援や,「地域のひと・もの・こと」の活用を図る。
 E [安全教育の推進]
 児童が現在及び将来に直面する安全の課題に対し,的確な思考・判断に基づく適切な行動選択ができるとともに,自他の生命を尊重し,自ら危険な環境を改善する力の育成に努める。