トップへ戻る

地図
 七尾山には、益田氏が居城として築いた七尾城の跡があり、三宅町には益田氏が住居として構えた三宅御土居があり、当時の様子がうかがえます。中世城下町の後は、商業の中心、益田市・美濃郡・鹿足郡の行政の中心として栄え、かつ、交通事情等から教育、文化の中心としての色彩を強くしてきました。特に、画聖雪舟にまつわる医光寺、萬福寺等の遺産に恵まれ、古さと新しさの調和のもとに落ち着いた雰囲気が漂っています。