石見銀山
(いわみぎんざん)
石見粘山
(いわみねんざん)


温泉津温泉と
沖泊

  

 

温泉津温泉


 温泉源が発見されてから1,300年もの歴史を持ち、全国に僅か12箇所しかない最高評価の「オール5」で認定された薬効豊な天然温泉である。大森の町と同様に石州瓦の家が続き、古くて静かな町並みである。



 外湯は「元湯泉薬湯」と「薬師湯」の2箇所あり、両方とも源泉に一切手を加えない、生の温泉が浴槽に入っている。

 また、温泉津は港の町と言うこともあり、魚には恵まれていて、タイ・ブリ・スズキ・アンコウ・イカ・アワビ・ウニなどたくさんの日本海で鍛えられた海の幸を味うことができる。


            沖 泊 
 
 温泉津の沖泊は、石見銀山の銀の積み出し港として利用された。
 港は柔らかい凝灰岩の為、加工されて船を係留する綱をつなぐ岩として利用された。





Copyright (C) 1998-2019
sekito-kaihatsukouji All rights reserved