半身浴のススメ・足湯入浴方法

半身浴のリラクゼーション効果でゆったりいい気持ち

匹見峡温泉オリジナル入浴剤

半身浴とは

 半身浴は全身ではなく胸の当りからおへその上当りまで湯船につけ、38〜40度くらいのぬるま湯に20〜30分ほど入浴します。全身がお湯に浸かるわけではないので一見体がなかなか温もらないように思えますが、半身浴を行ったほうがお湯にのぼせずに長く入浴できるので体の芯までぽかぽか温まります。

また体にかかる水圧も全身浴とくらべると格段に少ないので心臓の負担も比較的少なく、高齢者や妊婦さんでも半身浴なら安心して入浴できます。

半身浴の効果

半身浴

半身浴の効果として最初に挙げられる物はリラクゼーション効果ではないでしょうか?
ぬるめのお風呂に長い時間入る事によって副交感神経の働きが高まり心身の緊張が解きほぐされるようです、確かにゆっくりお風呂に入るとゆったりした、いい気持ちになりますね。

ちなみに42度ぐらいの熱いお湯に入ると交感神経が刺激され心身の緊張が高まりますので、スッキリしたい時や眠気を覚ましたい時にオススメです。

他にも美肌やダイエットにも効果が期待されています。
これは長い時間湯船に浸かる事によって汗がたくさん出てきます、この事から新陳代謝が高まり太りにくい体質へ変わり、お肌の老廃物は汗となり流れていきます。

ここで注意したいポイントは、熱いお湯です。
42度くらいの熱いお湯に長時間入るとお肌の潤いを保つ皮脂まで流れ出てしまうのでご注意下さい。

半身浴
その他の入浴方法は入浴剤・薬湯薬湯・入浴剤情報へ

足湯

足湯今では様々な温泉地で足湯の立ち寄り湯があり、マッサージ機能付の家庭用足湯も販売されています。

この足湯は心臓から一番遠い足先などの下半身の血液循環を良くするので冷えやむくみの気になる方や体調の良くない日の入浴にオススメです、入り方は42度〜44度くらいの熱めのお湯に足をつけるだけ、お湯の量はくるぶしより少し上ぐらいになる所がいいですね。10分〜15分で全身が温かくなり汗が出てきます、汗をかくぐらいになったら着替えて足をタオルにくるんで休みましょう。

薬湯・入浴剤のお買いもとめは
入浴剤・薬湯入浴剤コーナーへ

匹見峡温泉やすらぎの湯 / 匹見峡レストパーク / 匹見中央公園 / イワミスタッフサポート / お土産通販ショップ
(株)ひきみ 島根県益田市匹見町匹見イ713番地 TEL(0856)56-1126 FAX(0856)56-0151 E-mail yasuragi@iwami.or.jp