息域スペース ポコアポコ

NPO法人 息域(いきいき)

スペース ポコ・ア・ポコ

島根県益田市に立ち寄ってみたくなる・・・そんなスペースがあります。


「ポコ・ア・ポコ」とは、イタリア語で・・・「しだいに」「少しずつ」「ぼちぼち」という意味です。
私たち「ポコ」の仲間は
その名のとおり、自分にあったペースで働いています。
そして、名前のとおり大きな夢を抱いて少しずつ共に歩んでいっています。

「息域(いきいき)」とは、気持ちよく「息」をしながら過ごせることのできる「域」を
広めていこうという思いがこめられています。
「息」のできない空間は苦しいですよね・・・
「息」をすることは、「生きる」ことでもあるのです。

ある人が「生きる」ことは「ゆったり息のできること」「生きる域のあること」
「その域をを行き来できること」そして、「受けとり伝えること」といっています。
少しでも多くの方に、ゆったり「息」をしながらぼちぼちと生きていってもらえることを願っています


   最新情報をおしらせします (2017.9月)
  ☆ 益田が「日本一の猛暑」という報道があったこの夏。毎日暑い日 が続き、この先どうなるんだろ   うと心配し、またうんざりした気分 になりましたが、その後、一変して涼しくなり、今は大型台風によ る各地での被害が報道されています。
   気候現象の激しさは地球温暖化が大きな原因の一つとも言われて おり、地震を含めての自然災 害が日本のどこで起きてもおかしくな い状況。防災,減災、緊急時連絡の充実を願うものです。
  そして少なくとも人災による災害だけは無くしてゆきたいもので す。

 ☆  さて、この三ヶ月間のポコ・ア・ポコ、「ひまわり きずなふれあ いまつり」さんに参加、出店させて  頂き、交流では「あゆみの里」 さん「吉田小学校特別支援学級」さんとの交流会。ゲームや歌、料 理作りで楽しみました。お世話になりました。
実習関係では、益田養護学生徒さんの職場実習、益田市社協主催 のサマーボランティアでは、久しぶりに中学生さんを迎え、島根県 のNPO等の体験実習としては県職員さん迎えたりと色々な方に来 て頂き、新鮮な風を入れてもらい当所としても勉強になりました。 ありがとうございました。

 ☆ またこの毎月の定例になっている「生け花」「音楽療法」「語りと 歌」や「スイミング」。ボランティアさんやコーチの方にご協力とご 指導を頂き、その時だけ来所される方とも一緒に楽しんでいます。
  このメニューはオープン参加OKにしていますので、参加ご希望 の方は一報をお願いします。共に楽しみましょう。 (小川 勉)

(振り向かず前だけを見る参観日一人で生きていくということ 鳥居)

 


日常の「ポコアポコ」の活動等を紹介します
「ポコアポコ」の所在地を紹介します
これまでの歩みを紹介します
賛助会員の登録の方法を紹介します

コラム

「ポコアポコ」通信に掲載されているコラムを紹介します
「ポコアポコ」のうたを紹介します
このホームページ管理者のおまけ話


                    〒698−0027
                       島根県益田市あけぼの東町6−6
                       TEL/FAX 0856−23−3413



写真のページ