息域スペース ポコアポコ

NPO法人 息域(いきいき)

スペース ポコ・ア・ポコ

島根県益田市に立ち寄ってみたくなる・・・そんなスペースがあります。


「ポコ・ア・ポコ」とは、イタリア語で・・・「しだいに」「少しずつ」「ぼちぼち」という意味です。
私たち「ポコ」の仲間は
その名のとおり、自分にあったペースで働いています。
そして、名前のとおり大きな夢を抱いて少しずつ共に歩んでいっています。

「息域(いきいき)」とは、気持ちよく「息」をしながら過ごせることのできる「域」を
広めていこうという思いがこめられています。
「息」のできない空間は苦しいですよね・・・
「息」をすることは、「生きる」ことでもあるのです。

ある人が「生きる」ことは「ゆったり息のできること」「生きる域のあること」
「その域をを行き来できること」そして、「受けとり伝えること」といっています。
少しでも多くの方に、ゆったり「息」をしながらぼちぼちと生きていってもらえることを願っています


   最新情報をおしらせします (2019.9月)
☆ 前号で穏やかな梅雨明けをと祈っていましたが、昨年に引き続き 全国各地で豪雨大風による大被害、特に千葉県 では9月に入り台風 15号による断水、停電、家屋損壊等が広範囲に今も続いています。
  何とも心痛みます。特に乳幼児を抱えた保護者、高齢者、障がい のある方等への支援の充実、医療支援の早期の 回復を願うものです。 また、農業をはじめ各種産業への大きな被害も報道されています。 国、県等の支援で、遅くと もこの通信がみなさんのお手許に届く 頃には被害を受けられた方が平穏な日々を取り戻されることを心よ りお祈りい たします。
  この益田でもいつ大きな災害が起こるやも知れません。特に障がいを持つ方への支援策を行政や地域で日頃から  考え、お互いの情報 共有、関わりを大事にしておきたいものです。
☆ この夏は猛暑日・酷暑日の連続で体調を崩された方もおられたのではと思います。9月下旬の今も暑い日がありま す。夏バテになりやすいこの頃、体調管理に充分気をつけてお過ごし下さい。
☆ さて、この三ヶ月間のポコ・ア・ポコ、「ひまわり きずなふれあいまつり」や「宝まつり」に参加、歌を唄ったり製品販売 をさせて頂きました。なによりそこでの色んな人との交流が一番楽しいです。 ありがとうございました。
  残念だったのは、今年は島根県職員さんのNPO等の体験実習、益田市社協主催のサマーボランティアに当所利用 の希望が無かったこと。来年は是非とも希望して頂きたいなと思います。
☆ 毎月の定例になっている「生け花」「音楽療法」「語りと歌」や「スイミング」。ボランティアさんやコーチの方にご協力と ご指導を頂き、継続しています。
 このメニューは誰でもオープン参加OKです。参加ご希望の方は ご一報をお願いします。共に笑顔で楽しみましょう。                                                            (小川 勉)
                   (かなかなや少年の日は神のごとし  角川源義




日常の「ポコアポコ」の活動等を紹介します
「ポコアポコ」の所在地を紹介します
これまでの歩みを紹介します
賛助会員の登録の方法を紹介します

「ポコアポコ」通信に掲載されているコラムを紹介します
「ポコアポコ」のうたを紹介します
このホームページ管理者のおまけ話


                    〒698−0027
                       島根県益田市あけぼの東町6−6
                       TEL/FAX 0856−23−3413



写真のページ