息域スペース ポコアポコ

NPO法人 息域(いきいき)

スペース ポコ・ア・ポコ

島根県益田市に立ち寄ってみたくなる・・・そんなスペースがあります。


「ポコ・ア・ポコ」とは、イタリア語で・・・「しだいに」「少しずつ」「ぼちぼち」という意味です。
私たち「ポコ」の仲間は
その名のとおり、自分にあったペースで働いています。
そして、名前のとおり大きな夢を抱いて少しずつ共に歩んでいっています。

「息域(いきいき)」とは、気持ちよく「息」をしながら過ごせることのできる「域」を
広めていこうという思いがこめられています。
「息」のできない空間は苦しいですよね・・・
「息」をすることは、「生きる」ことでもあるのです。

ある人が「生きる」ことは「ゆったり息のできること」「生きる域のあること」
「その域をを行き来できること」そして、「受けとり伝えること」といっています。
少しでも多くの方に、ゆったり「息」をしながらぼちぼちと生きていってもらえることを願っています


最新情報をおしらせします (2016.3月)
「新たな出会いを豊かなものに」
◇ 今年は雪の少ない冬になりましたが、冷えはなかなか厳しく朝夕底 冷えのする日もあるこの頃で す。みなさん如何お過ごしでしょうか?昔から暑さ寒さも彼岸までと言います。これから春らしく、陽光も 明るさを増してきます。そして別れ、出会い、新たなスタートの4月、 新年度がやってきます。ポコは
19年目を迎えます。
   年が明けてからの三ヶ月、ポコの活動は、「在宅重心障がい児者の親 の会」さんの「餅つき会」や、 ジャイアントポップコーン(GPC) さん恒例のコンサートにも声をかけていただきそれぞれ参加させ   て戴き、新たな挑戦として「アメージンググレイス」をキーボード、ハンドベル、ハーモニカで演奏しまし  た。良い歌詞と曲に助けられました。 が、出来具合は??GPCの皆さんの演奏は、一人ひとり堂々として 音楽の良さを改めて感じさせてもらいました。
  どの会に参加しても、大きな笑いや、明るい声の渦で豊かな出会い になるのが不思議です。
  また、2月24日には、これも恒例になっている「乙吉ふれあい会」 さんとの交流。ふれあい体操、缶  積みゲームや、罰ゲームの尻文字、 美味しい手作りお菓子などで楽しいひとときを過ごしました。ありがとうございました。ポコの製品の注文も戴き感謝です。  
   平成27年度を締めくくるイベント参加として3月13日梅寿会さ んの「ひなまつり」にも参加させて   頂き、中学生の若さいっぱいの吹 奏楽演奏など充分楽しませてもらいました。こうしたイベント参加  の楽しみの一つに他団体さんとの交流があります。日頃あまり会う機会 の少ない人ともお互いの笑  顔を交換したり、お互いの元気さや近況を 確認したりと。何度も書いてきていますが社会福祉の「社会」は「ソ ーシャル」でありそれは「社交」「人間交際」を表しています。
  こうしたソーシャルあっての社会福祉、地域福祉だと、人の孤立化 が地域や職場等において深まっていると言われる昨今、ますますその ことを強く感じています。
◇ 暦を作り、時の流れに区切りを発明したのは人だけです。4月から は新年度。学校でも職場でも新  たな出会いが待っています。その分、 不安も期待も大きいと思いますが、空から注ぐ春の光と風の中で自分 を信じ、人を信じ、出会いや縁を大切にやってゆきましょう。(小川勉)
「 はなはみないのちのかてとなりにけり  森 アキ子 」

* ポコ通信 既に発行した1号から74号までのものでご入用の方がありま したらご連絡下さい。ご送付致します。

 


日常の「ポコアポコ」の活動等を紹介します
「ポコアポコ」の所在地を紹介します
これまでの歩みを紹介します
賛助会員の登録の方法を紹介します

コラム

「ポコアポコ」通信に掲載されているコラムを紹介します
「ポコアポコ」のうたを紹介します
このホームページ管理者のおまけ話


                    〒698−0027
                       島根県益田市あけぼの東町6−6
                       TEL/FAX 0856−23−3413



写真のページ