開催中の企画展

雲谷派 ~等益が描いた雪舟流~



 雲谷派は、桃山時代から江戸末期までの約300年間、毛利藩のお抱え絵師として雪舟流を継承し、周防・長門地域で活躍した画家の一派です。代々、雲谷派の画家たちは、山口における雪舟の旧居雲谷庵にちなんで、〈雲谷〉を姓に、雪舟等楊の〈等〉を名の一字に持っています。
 初代等顔の次男である等益は、兄等屋の早逝により雲谷宗家を継承し「雪舟4代」を名乗りました。独自の雪舟流画風を確立し、また流派体制の整備に力量を発揮し、雲谷派興隆の礎を築きました。
 本展では、等益の作品を中心に雲谷派の作品を展示しています。絵師達が描いた水墨画の力強い筆さばきと情緒豊かな世界をお楽しみください。


会 期 : 2018.10.4㊍~11.30㊎ 
休館日 : 火曜、水曜日
入館料 : 一般300円(240円)・小中高100円(80円)
   ※雪舟筆≪益田兼堯像≫公開期間11/1㊍~30㊎
    一般500円(400円)・小中高150円(120円)
    ( )内は20名以上団体料金

 
◆主な展示作品
作 者 名 作 品 名  形態 
雪 舟 《益田兼堯像》(重文)  11/1㊍~30㊎ 一幅
雲谷 等顔 《夕夜山水図》 一幅
雲谷 等益 《山水図屏風》(市指定)  六曲一双
雲谷 等益 《秋江帆舟図・雪山行旅図》(市指定)  双幅
雲谷 等益 《達磨寒山拾得図》  三幅対
雲谷 等宅  《中寿老、左右花鳥図》  三幅対
雲谷 等璠 《水墨山水図》  双幅 
など計16点  
◆「わが家の宝もの展2018」出品作品(絵画)を募集しています。
ますだしりつ せっしゅうのさと きねんかん
益田市立雪舟の郷記念館
〒698-0003 島根県益田市乙吉町イ1149
TEL/FAX : 0856-24-0500
http://www.iwami.or.jp/sessyu3/