特待生制度について

吹奏楽部は人物の素行や品格を大切にしています

少数精鋭で質の高い集団を目指すため、人物重視の「特待生制度」を設けています。
種別と特典は下記のとおりですが、いずれも「品行方正」であることが大前提です。
(中学校長の推薦が無ければ適用不可)
特待生の諸条件については別途本校の受験案内等に記載しています。

■A特待 入学金免除+授業料月額あたり¥10,000免除
■B特待 入学金免除+授業料月額あたり¥ 5,000免除
■C特待 入学金免除
※なお、月々の校納金は「世帯所得」で変動します。下記の表を参考にしてください。
※学業特待生でも吹奏楽部に所属することができます。

 

校納金について(授業料等) 

 近年、文科省の取り組みの一環で、私立学校に対しての支援金が大幅に増額されてきました。これは一定条件において、公立と私立の負担金の格差を縮小し、幅広い学校選択ができるようにするためです。  
 従来の方式では、確かに私立は高くつく!と言われるものでしたが、特に本校は他校私立と比べて授業料が安い設定のため、減免制度が適用されれば実質的には公立高校との格差は殆どありません。場合によっては、公立よりも安く通うことすらできます。(公立高校の授業料は最大で月額¥9,900ですが、月々に授業料以外の諸費用が5,000~10,000円程度かかると言われています。それを加味すれば実質的な金額の差はないことが分かります)

■入 学 金 40,000円(入学手続時)※特待生は免除 
■施設設備費 60,000円(入学手続時)
■月額校納金 26,900円(授業料24,500円、諸会費2,400円)←下記減免制度を参照

世帯の所得割額区分による月額校納金について A特待生 B特待生 C特待生
及び一般生
県立A高校
校納金
①世帯年収250万円未満
(市町村民税が非課税)
0 1,200 2,400 約6,000
(授業料は0)
②世帯年収250以上350万円未満
(市町村民税所得割額 1円以上51,300円未満)
10 3,500 7,100 約6,000
(授業料は0)
③世帯年収350以上590万円未満
(市町村民税所得割額 51,300以上154,500円未満)
2,400 7,150 12,050 約6,000
(授業料は0)
④世帯年収590~910万円未満
(市町村民税所得割額 154,500以上304,200円未満)
7,000 12,000 17,000 約6,000
(授業料は0)
⑤世帯収入910万円以上(減免無し)
(市町村所得割額 304,200円以上)
16,900 21,900 26,900 約15,900
(授業料9,900)